PureData「freeverb~」オブジェクト

「freeverb~」はroomsizeや、wet、dryのパラメータなどを設定すると、音が響くようにできるエフェクトです。作品「いしのこえ」の音などに使っていて、とてもよい響の音になります。しかし、RaspberryPiの最新のPureDataには対応が追いついていなくて、無理矢理つかうとPureDataが落ちてしまいました。もう使えないのかな、と思っていたのですが、改良されたソースがあり、自分でコンパイルすることで使うことができるようになりました。今回はそのメモです。

PureDataのソースと、freeverb externalsのソースをダウンロードして解凍し、同じ階層におきます。そしてターミナルで、externals側のフォルダに入り、makeしてsudo make installします。これでexternalsがコンパイルできると思います。

ポイントは、PureDataのソースを同じ階層におくことです。その理由は、externalsでPureDataのソースをインクルードする部分があるからです。externalsによって、インクルードするソースが異なるので、PureDataのソースをまるごと置いておくのがよいかと思います。

多くのexternalsが「pd-lib-builder」にのっとって作られています。このページに一覧があります。

ここにあるexternalsは、基本的に同じ容量でコンパイルできると思います。