「プログラム×工作でつくるmicro:bit」書籍サポート

書籍「プログラム×工作でつくるmicro:bit」

筆者、MATHRAXの久世祥三です。

書籍の正誤情報、プログラムや工作などをフォローします。

書籍に掲載のプログラムはGitHubにあります。

https://github.com/mathrax-m/microbit


正誤情報

023ページ

誤) ToT機器 → 正) IoT機器


108ページ

クリップの写真が異なっておりました。使い方は同様に接着部分を仮固定するものです。材料費を下げるため書籍では「正」のクリップを採用しました。「誤」のクリップでもしっかり固定できます。


143ページ

「Aパーツ」の寸法が間違っておりました。

A・B・C・D、全てのパーツのPDFを公開します。

144ページ

「Bパーツ」の図が間違っておりました。Bパーツの寸法は以下の画像になります。

A・B・C・D、全てのパーツのPDFを公開します。


168ページ

3つの図のうち右の図の説明が間違っておりました。

誤) ボタンAを押すと、白い背景色で残像効果となる。

正) ボタンBを押すと、白い背景色で残像効果となる。