コンペ応募のコツ

過去の情報をリサーチする

印象をつかむ(ざっくり選ばれる)

  • キャッチーなタイトル。
  • 短い言葉でわかりやすいコンセプト。
  • ビジュアルに訴えるレイアウト。

過去作品からレイアウトを学ぶ
提出1:Googleスライドで、レイアウトの分析

1人5案出す。
提出2:Googleフォームで提出。


文字情報

  • 印象つける文字の大きさ
  • 読ませるための文字の大きさ
  • 文字数を減らして、内容を濃くする

より惹きつける(選ばれた中からさらに選ばれる)

  • オリジナルロゴ。
  • 数字の使い方。
  • テキストの整理。

画像に音のエフェクトをかける

最終的には、写真に音楽のエフェクトをかけます。

1. 画像ソフトで写真を音に変換する

2. 生データを書き出す

3. 音のソフトで読み込む

4. 音のエフェクトをかける

5. 生データを書き出す


 

コンピュータでつくられたデータは、画像も音もすべて0と1の集まりです。

写真として見ることができるのは、ソフトがデータを色に変換してくれるからです。

音楽として聞くことができるのは、ソフトがデータを音に変換してくれるからです。

では、写真のデータを、音に変換したらどう聞こえるでしょうか。

 


 

課題

音に変換することをイメージして、写真を撮影してください。

ですので、ピントとか、構図とか、そういう価値観の写真ではありません。

写真の価値としては評価されないものでも、いい音になるかもしれません。