3軸加速度を無線で送受信する

マイクロビットの「無線」は、マイクロビット同士に限り、無線通信ができます。

本日の流れ

  1. 準備するもの
  2. 無線グループ分け
  3. 受信側のマイクロビット
  4. 送信側のマイクロビット
  5. つなぎかた
  6. 動作確認

 


1. 準備するもの

  • マイクロビット   2つ
  • USBケーブル   2つ
  • 電池ボックス   1つ
  • 単3電池     2本

2. 無線グループ分け

本来は、無線のグループ番号をバラバラにして、その無線グループで通信します。無線のグループ番号は、0~255まで設定できます。

今回は「1」としてください。


3. 受信側のマイクロビット

まず「受信側」を作ります。

無線のグループは、先ほど決めた、自分だけのグループ番号にしてください。

プログラムができたら書き込みを行ってください。


 

4. 送信側のマイクロビット

このプログラムは、今回は教卓の1台だけに書き込みますので、みなさんは何もしなくてよいです。

参考までにプログラムの中身を示しておきます。

無線のグループは、受信側と同じグループ番号にしてください。


 

5. つなぎかた

受信側のマイクロビット

USBケーブルでパソコンとつないでおきます。

送信側のマイクロビット

乾電池で動作するように、電池ボックスと電池を取り付けます。

電池が消耗するので、使わないときは、電池を浮かして電源オフにしておきます。


6. 動作の確認

「Arduino」のシリアルプロッタで、グラフ化して表示してみましょう。