センサとPCでデータやりとり

センサのデータをPCに送り、PCで表示してみます。

今日はUSBケーブル経由でデータをやりとりしますが、これが無線になっても同じように振る舞います。まずはUSBケーブルありの状態で、何をしているのか流れを把握しておきましょう。


マイクロビットのプログラム


「Arduino」で表示する

  1. Arduinoを起動する
  2. 「ツール」> 「シリアルポート」から「COM4」を選択
  3. 「ツール」>「シリアルモニタ」を表示(数字の確認)
  4. 「ツール」>「シリアルプロッタ」を表示(グラフで確認)

「Processing」で表示する

Processingというソフトで、ビジュアル表示した例です。

  1. サンプルデータをダウンロードする
    https://github.com/mathrax-s/serial_microbit
  2. 「すべて解凍」する
  3. 解凍したデータの「processing」>「SerialMicrobit_03」を開き、
    「SerialMicrobit_03.pde」をダブルクリックする