アナグリフ

アナグリフとは、立体視技術のひとつです。わかりやすく言うと、赤青メガネの立体視技術です。

右目から見たイメージと、左目から見たイメージは、目の位置が少し違うのでズレたイメージになります。

平面上の紙や画面に、そのズレたイメージを作り出すために、右目で見えるイメージを赤、左目で見えるイメージを青として、描きます。それを右が青、左が赤のセロハンを貼ったメガネで見ることで、右目は青い絵が見えなくなり赤い絵が見えます。左目は赤い絵が見えなくなり青い絵が見えます。

左右の目のズレを考慮しなくては見えないのかなぁと思いがちですが、適当にズラしてもそこそこ見えます。

画像編集ソフト「GIMP2」で作ってみます。


 

1. 画像を用意する

サンプルをいくつかアップしておきました。

 

2. GIMP2で編集

2−1. 何か画像を開く

2−2. レイヤーをコピーする

2−3.「編集」>「可視部分のコピー」
「編集」>「貼り付け」

2-4. RGBチャンネルを表示し、赤の選択を解除する

2-5. 十字のツールを選び、画像を移動させる

 

3. Googleスライドに提出する

 


2-1. 何か画像を開く


2-2. レイヤーをコピーする


2-3. 「編集」>「可視部分のコピー」
「編集」>「貼り付け」


2-4. RGBチャンネルを表示し、赤の選択を解除する


2.5 十字のツールを選び、画像を移動させる


 

3. Googleスライドに提出する

Googleスライドにログインする。

スライドのページをコピーして提出してください

アナグリフバージョン2 Googleスライド